Hellfire Citadelのタゲマクロ

Hellfire CitadelのRanged DPS向けのターゲットマクロリストです。
言われてたのを思い出したのでまとめてました。

マクロの組み方
WoWのマクロを編集状態にして、1行目に /cleartarget を入れ下記リストから攻撃優先度順にコピペしていきます。
一つのマクロに複数のターゲット情報を入れても動作しますが、文字数上限が255しかないので全ては入りません。必要なものだけ入れるようにするか、マクロ拡張アドオンを用いると良いかもしれません。

   

   例:Wing1用
   /cleartarget
   /tar [noexists][dead]Gorebound Terror
   /tar [noexists][dead]Hulking Berserker
   /tar [noexists][dead]Crushing Hand
   /tar [noexists][dead]Kormrok
   

“Hellfire Citadelのタゲマクロ”の続きを読む

ラインの上で

Thok the Bloodthirsty。SoOにおける11番めのボスを倒すことが出来ました。

うちのギルド的に苦手要素が詰まったボスなので、もうちょっと手こずりそうな感じはありましたが、昨日練習のつもりで挑んだら誰もが驚く1Shotで動画担当のFake兄貴も慌てて録画失敗までする始末。
個人的には余力さえ感じたれたので、この手のボスは皆が集中力がある内に戦えるようRAID外での調整も必要かもしれません。

そして呆然としたままSiegecrafter BlackfuseのTryが始まってます。
早速ラインマンはラインの上に立つと戻される現象に悩まされ、これの解決策を探っています。
ラインは起動しないと乗れない仕様ですが、Bigwigsのライン起動のコール、またライン入り阻害Buffが切れたタイミングで土管へ飛び込むと、この時点では恐らくラインが起動しておらず、戻されてしまうのではないか?と考えています。
まあ要検証ですね。

ちなみにラインマンはおそらくハンターが最適で、次点はMelee DPSとなっています。
ハンターはライン上の炎の影響も受けにくく動きながらDPSできます、また帰りもDisengageで土管を経由せず戻れます。
帰りの土管でどうしても死んでしまう場合は暫くライン上に留まるのも一つの手でしょう。その内ボスが牽引ビームを出して戻してくれます。

>>>最近気になったAddon
Malkorok Helper
http://www.curse.com/addons/wow/malkorok-helper
Malkorok戦専用のヘルパーAddonです。小さなウインドウが表示されArcing Smashを放ったエリアに色を付けてくれます。

意外と知らないHunterのできること

HunterでもMageのTime WarpやShamanのHeroism(Bloodlust)と同様のAbilitieを使用できることはあまり知られていないようです。これをAncient Hysteriaと呼びますが、一般的でない大きな理由としては単純に使用するチャンスが無いからでしょう。RAIDでは基本的にMageかShamanがいるのでHunterが使う余地は殆どありません。加えて特定の条件でしか使用できないので存在を知らないHunterも中にはいるのかもしれません。とりあえず使用に関しての条件等を下に記しておきます。

まずAncient HysteriaはPetのAbilitieでありHunterのものではありません。
HunterがPetのAbilitieを使用する形となります。それを踏まえて。

・使用に関しての条件

条件1
HunterがCore Houndを連れていること
Ancient HysteriaはCore Hound独自のAbilitieであり他のBeastは所持していません。
またExotic種のBeastなので、TameするにはBeast MasteryのTalent Skill(LV69以上)が必要になります。

条件2
Core Houndがコントロール可能であること
死んでいたり視線の範囲外や混乱等でコントロールできないと使用不可能です。
意外とこれを失念していて利用できないケースがあります。

現在Beast MasteryとCore Houndの組み合わせは他のTalentと比較してDPSが出ません。
Mage、Shamanが居ないRAIDなら使用価値は大いにありますが、保険としては余りお勧めできませんね。